「季節」の記事一覧

なんとなく飲んでいたお茶が花粉症の鼻水を軽減していた?

毎年毎年、花粉が飛散する度に、こちらの白井田七茶を飲んでいました。

白井田七茶はさくらの森が販売する花粉症を抑えるお茶なのですが、花粉症の季節になると鼻水が尋常では無い量が出ていました。

しかし今年に限っては突然!鼻水の量が格段に減ったんです。

一体何が原因と模索していたんですが一向に分からずに過ごしていましたね。

ただ一応目が痒くて、目の痒さで花粉の飛散量が分かるんじゃないか?というくらい、花粉の飛んでいる時の目の痒さを耐えるのが一苦労でした。

そんな中、偶然何となく目にしたのが、南米原産で世界の3大お茶と称されるうちの一つであるマテ茶に、花粉症の症状を軽減する効果がある!という文面を読んだのです。

花粉症などの症状を緩和するために日本では長らく甜茶を飲まれてきたというのがありますが、実は甜茶よりもマテ茶の方が効果があるそうなのです。

目の痒みには効果が無くて残念ですが、鼻水の量を格段に減らす効果だけはあるようなので早速飲んでみようか!とか思う前に既に、もう3ヶ月以上前からずっとマテ茶を飲み続けていたのです!

もしかしたら今年の鼻水があまり出ない症状の裏には、長らく飲み続けているマテ茶の存在があるかも知れません。

飲み続けているマテ茶は、ローストしていない緑のお葉っぱが特徴のグリーンマテ茶なんですが、栄養価が高くてビタミンミネラルなどがバランスよく含まれていることから、飲むサラダとも言われているのです。

飲むサラダ的なお茶だからこそ、タダの日本茶の緑茶とは違った効果を出してくれるのかも知れませんね。

まぁ、このまま鼻水の出ない花粉飛散時期を過ごしていけるようマテ茶を飲み続けるのでした。

風邪でもないのに鼻がムズムズしている人急増中

そろそろ春の訪れをヒシヒシと感じ始めている地域の方も多いかも知れませんが、この時期辺りから鼻がムズムズする現象を感じ始める人が急増していきます。

いや、まだ飛んでないでしょ!って思っている人が殆どだと思いますが、地域によってはそろそろ飛び始めていたり、また別の種類のモノが飛んでいたりしてそれでムズムズっとしている人もいるかも知れません。

そうです、アレです。

例の花粉です。

本来ならもう少し先の時期だと思われやすいんですけどね、どうも今年は若干季節が前倒し感があって、毎年早咲きの桜が咲くという仙台市のとある学校では、いつもより数週間早く咲いた!とテレビでも話題になっていましたね。

陽射しが燦々とふりそそぐ南側の斜面に生えていると言っていたのですが、それ以外にも前倒しに季節が進んでいる(と桜が感じ取った)事で、開花が早まったのでしょう。

なので、鼻のムズムズ感がただの直感だけではなく、実際に飛来してきている何かが原因でムズムズしている可能性もあるので、早め早めに対策を講じた方が、今年の花粉対策を制する事ができると思われます。

また、大陸からの有害物質を含んだ砂の飛来も同時期だという事も念頭に入れて置いてください。

今年も頑張ってムズムズ対策していきましょう!

雪かきを一生懸命する家と、そうでない家がある

あまり雪かきをしないと万年日陰の道路は通り難いかもですが、他の部分は自然に溶けるまで待っても良いかも!とか思っています。

実はさっきから隣の家の人がセッセと雪かきをしている音が聞こえるんですが、実はその労働力に見合わないと言うかそんなに雪かきしなくても、自然に溶ける速度の方が断然早かったりするのです。

そりゃ、確かに少し前ちょっとした大雪が降って、凄い寒さで固まった後雨が降って溶けた時は、何か良さ気じゃない。と思ったりしたんですが、そうやって気温差や直射日光の角度のお陰で雪解けが促進していくので、そんなに人力を労して雪かきする必要は無いと思ったのです。

そういう事で、あんまり雪かきしないお宅は我が家という事になります。

前回、何年か前に降った大雪の時にもこんな事があったんですが、結局雪かきを一生懸命したところで何人かが掘りだせる雪の量なんて限られているんですよね。

なので、大雪が降った朝とかとんでもない時以外は、特に頑張らなくてもいいんじゃないかと思ったりしています。

と言うのは、どうなんですかねー?

でも、ご近所に造園業を営むお宅があって、そこが時々小さいパワーショベルを走らせると、人力で何時間もかかって雪かきしていたような所が一瞬で雪かきされていくので、空しい気持ちになる位ならそう言う機材やらで雪かきした方が良いかも知れません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ