「生活」の記事一覧

茄子の調理に油を大量に使うのはNG?トロトロ焼き茄子を作る秘訣は?

よく、焼き茄子を作る時にフライパンに、これから揚げ物でもするの?という位大量に油を流し入れていたりするお宅を見た事があるのですが、どうも茄子を焼いてトロトロに仕上げたい!と言う願望のもと、多くの油を使っているというのです。

確かに茄子は、白い部分がスポンジ状の構造をしているので、焼いていると大量に油を吸い込むという特性がありますが、本当に油を大量に使わないとトロトロの焼き茄子にならないのでしょうか?

油の摂り過ぎで健康が削がれる場合が多数あるので、出来れば普段の食事の油の使用量を控える事で健康を維持していきたいと思うのが常なのです。

さて、油をあまり使わずにトロトロ焼き茄子を作る方法は、下ごしらえをするに限ります。

切った茄子を塩水に付けて茄子の水分量を上げてから少量の油でじっくり焼くと、ちゃんとトロトロになるのです。

結局スポンジ状の茄子の構造体に、水分を吸収させておく事により、油が少量でもトロトロになるのです。

また、茄子の煮びたしを例に挙げると、少量の油で焼いた茄子に出しつゆをかけて煮る事でトロトロ茄子にしている事から、とりあえず茄子に何かを吸わせて加熱すると結果的にトロトロ状態になるという事が分かると思います。

油の使用が減れば肥満のリスクが減ったりコレステロールを下げたりする事が出来るのです。

日々の健康を考えて、食事を作るお母さんの意に反した調理法をしてきたかも知れない焼き茄子は、今後は下ごしらえをキチンとして少量の油のみで焼いていく様にしましょう。

でも、もし油を大量に使う事を止められない!という場合は、油を摂取した後に身体に油を吸収させにくくする対策をする必要があります。

食事の油の吸収を抑制する事で知られている烏龍茶やプーアル茶を飲みながら油ぎった焼き茄子を食べると、身体に余計な油分を吸収する事を抑えてくれるのでお勧めです。

または、キトサンというカニの殻から抽出した動物性の食物繊維のサプリメントを油っぽい焼き茄子の食事を食べた直後に飲むと、腸内で油を吸着して身体の外に排出してくれるので、油の吸収疎外の最終防衛ラインとして使うと良いかも知れません。

夏野菜の茄子は、焼いて良し・煮て良し・漬物にしても美味しいですが、油をたくさん使わずとも美味しく仕上がる方法もあるので、色々試してみてください。

SNS中毒患者が急増中?

つい先程、いわゆる〇〇で友達になっている人のコメント欄にコメントしたんです。

でも、コメントする欄を間違えたと言うか別の友達のコメント欄にする筈のコメントを、その友達のところにしちゃったので、慌てて消して本来コメントするはずの欄にコメントし直したんですよ。

すると、そのコメント入力間違いをした友達の人がメッセージを送信してきたのです。

「・・・・・・・・・・・・」的な内容だったんですが、何でそんなコメント程度でこんなにメッセージを送信する程神経質になっているんだろう?と、ちょっと気持ち悪くなりましたね。

この事を別の友達に相談してみたところ、どうもこのメッセージを送信してきた人は確実にSNS中毒になっている人だそうです。

SNSの友達の一挙手一投足が気になって夜も眠れないタイプなんじゃないか?と言うんです。

だから私のこのコメント入力ミスのログを見ただけで、不安になってメッセージを送らずには居られなかった?という事なんでしょうかねぇ。

で、そんなメッセージに私は返信したのかと言うと、実はまだしていなくて様子を見ている感じです。

一応既読にはなっていると思うので向こうも、「何で回答して来ないんだろう?」とは思っていると思うんですが、そこに即答して理由を言ったらむしろ駄目なんじゃないか?と思ったんですが・・・・。

SNS中毒の人を今後どうするか検討中です。

あんまりエスカレートしてネット上でストーカーとか変な行為に及ばれたら嫌だなぁと思いながら過ごすのは嫌なので、どこかできっちりけじめを付ける必要がありそうです。

いま、働き方は一つじゃない

今冬の大雪は首都圏の交通網などがマヒして、多くの通勤通学客の足に影響が出たことは記憶に新しい事だと思いますが、この状況を鑑みて多くのデスクワーカーが痛感した事は、別に会社の端末に向かって仕事しなくても、在宅で自宅のパソコンで作業して送信して済む仕事が結構多い事だったかも知れません。

実際、最近では大手某企業などがその、会社に来なくても出来る作業があるなら自宅のパソコンで作業した方が効率が良いんじゃないか?という事で、在宅勤務者も可能としているところも徐々に増えてきているのです。

また、完全に社内の就業者を在宅にして、週1~2回程度出社して貰えればそれで良いというシステムにしている会社も現れているので、そういった働き方になれば子供が小さくて通勤するのが大変!という子育て中のお母さんや、両親などが高齢で介護が必要だから会社に勤められないという人にも希望が持てる働き方だと言えるでしょう。

今回たまたま、大雪で会社に行くのが困難で、ああーもう家に帰る!って気分になったデスクワーカーが多くいた!というところからこの話が浮上してきましたが、しかし今後は、そんなこと無理だろう。の域を飛び出して現実的な働き方になってくると思われます。

今事務系とかIT系で、自宅のパソコンでも仕事ができるという業種の方には、この働き方が可能になる日も近いかも知れません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ