初心に帰ろう。ニキビの根本的な原因は油の摂り過ぎ

朝のショックな出来事なのですが、いつものように朝シャンを終え髪を乾かしていたところ、鼻にニキビが5個も出来ていたのです。

かなり目立ちます。

ショックで涙がこぼれ落ちそうになりました。

昔は20歳を過ぎたら吹き出物と言われていたニキビですが、現代では大人になってもオバさんになっても出てきたらそれはニキビ!と言われる時代になりました。ので、それなりに歳を食ったオバサンがニキビケア用の化粧品をドラッグストア等で物色していても、特に何も思われなくなったのはとても助かる世の中になったと思います。

ただ、ニキビの発生原因は、いつの世も変わらない様です。

思春期ニキビはともかくとして、大人ニキビの発生原因の多くが洗顔のやり方が間違えていたり、夜更しなどの生活リズムの乱れだったり、油っぽいものを良く食べているという食生活の乱れだったりするのです。

洗顔のやり方についてはこの記事を読めば解決できますが、割と気付いていないかも知れないのが食生活の乱れで、お肌の角質層が蓄積する事によってニキビは出現しやすい環境を手に入れるのですがそれだけじゃない、何か別の者の手引きもあるのだろう?と考えると、食生活で油っぽいモノを食べすぎているからとしか思えません。

油っぽい食べ物はそこかしこに溢れていて、スナック菓子であったりちょっとしたお惣菜であったり、ハンバーガー店であったりファミレスであったりカップめんもとにかく、一日の摂取限界油分を超えた量を摂取し続けている事は間違いないのです。と言う事から、現代人はニキビが出来やすい体質になってしまっている事は明白なので、油分の摂取を控える様にと言っても控えられないと言う現状があるのでなかなか難しいとは思います。

しかしこんな時こそ!便利な飲み物があるじゃないですか?

油の吸収を抑制するお茶があるじゃないですか?

烏龍茶とかプーアル茶を飲んでくださいよ。

これを食事中に飲むだけでも、かなりの油の吸収を抑制する事が出来るんですよ。

なので、ニキビを出現させたくないなら化粧品を塗り塗りする前に烏龍茶を飲むべきなんじゃないか?と思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ