雪かきを一生懸命する家と、そうでない家がある

あまり雪かきをしないと万年日陰の道路は通り難いかもですが、他の部分は自然に溶けるまで待っても良いかも!とか思っています。

実はさっきから隣の家の人がセッセと雪かきをしている音が聞こえるんですが、実はその労働力に見合わないと言うかそんなに雪かきしなくても、自然に溶ける速度の方が断然早かったりするのです。

そりゃ、確かに少し前ちょっとした大雪が降って、凄い寒さで固まった後雨が降って溶けた時は、何か良さ気じゃない。と思ったりしたんですが、そうやって気温差や直射日光の角度のお陰で雪解けが促進していくので、そんなに人力を労して雪かきする必要は無いと思ったのです。

そういう事で、あんまり雪かきしないお宅は我が家という事になります。

前回、何年か前に降った大雪の時にもこんな事があったんですが、結局雪かきを一生懸命したところで何人かが掘りだせる雪の量なんて限られているんですよね。

なので、大雪が降った朝とかとんでもない時以外は、特に頑張らなくてもいいんじゃないかと思ったりしています。

と言うのは、どうなんですかねー?

でも、ご近所に造園業を営むお宅があって、そこが時々小さいパワーショベルを走らせると、人力で何時間もかかって雪かきしていたような所が一瞬で雪かきされていくので、空しい気持ちになる位ならそう言う機材やらで雪かきした方が良いかも知れません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ